人身事故の症状固定相談の事ならこちらの弁護士をお勧めします。

運悪く加害者が無免許運転や酒気帯び運転で被害者になった際は、その証拠があるか否かが交通事故証明書の要です。交通事故証明書が心許ないと示談時や、加害者や代理人との交渉の折に不利になる可能性が高いので、十分に確認を済ませてから署名に移りましょう。


交通事故の折に依頼する専門家は弁護士や司法書士を推奨します。役所の料金の発生しない相談も法的知識に弱い人が担当員に付くと、本来解決できるはずのものも解決できないリスクがあります。

土曜・日曜・祝日対応の相談に一回相談する事を推奨します。



交通事故の大きさとは無関係で、事故が生じたら絶対に警察への連絡を行う義務が課されるので、連絡を必ず行いましょう。


人身事故として取り扱われないと自賠責保険に関する保険金が取得できないので、これは最も重要です。


失念せず行いましょう。




被害者が生存している時には、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料の2種の慰謝料を、被害者が死んでいる場合には、後遺症害慰謝料、入通院慰謝料の2種の慰謝料を、加害者側から受け取れるパターンもあります。解説を加えると入通院慰謝料とは、交通事故が引き金での怪我に関連する慰謝料です。


支払い対象となるのは病院で治療を受けた場合です。5歳以下の子供に対して事理弁識能力を持っているかどうかを確かめる事は大半の場合しません。



寧ろ、判断力がまだ不十分な子供を飛び出し事故が起きかねないところに子供1人にした両親の責任が問われ、一定の分量の過失割合が要求される流れになります。後遺障害慰謝料の関しても自賠責保険とは別に、今までの判例を基準に考えられた裁判基準の慰謝料の相場で考える場合があります。むち打ちなどが該当する当てはまる軽度の後遺障害の際に獲得できる後遺障害慰謝料は、2種類(裁判基準と自賠責保険)の相場に300%近い差がありますが、弁護士の裁量に委ねられています。



子供が突然道に走り出てくる飛び出し事故の際は、車と子供のどちらが悪いのかという問題、更に過失割合はどう考える運びになるのかという疑問が浮かぶ事と思います。


児童に限らず、成人でも同様の流れで事故になる場合があります。

裁判所では5歳以上くらいの子供であれば、危険な事はしないという判断ができると考えられています。ですから、このくらいの歳の子供の飛び出しのケースでは、判断が取れるとされ、過失が一定割合分認められています。


事理弁識能力が問い質される運びになるのは幼稚園児程度から小学生3年生くらいとされています。車と歩行者の関係性は言うまでもなく強者と弱者ですし、交通事故では圧倒的に自動車が不利な制度が定められているので、過失が滞りなく免責される可能性はほぼなく、実際の所は、ドライバーにも過失ありとして処理が進められます。



後遺障害慰謝料は、一通りの治療行為が終わっても、今後改善する事はないと判断された症状に発生する慰謝料です。一定期間の治療が完了しても痛みが後遺症として共存していく事になったり、その時々の症状が完治する可能性が皆無のケースでは後遺障害等級認定となり、請求を行う事が可能です。


日弁連(日本弁護士連合会)交通事故センターでも相談ができます。



事故の過失割合によってですが、裁判所基準、自賠責保険基準、任意保険基準、などの査定基準が設けられており、その数字を基に示談金額が決まる事がほとんどですが、一般人がベテランの相談員を相手にすると、安価な示談金や治療費用で交渉がまとまってしまう場合があるので留意が必要です。

自賠責保険の時は、1日に付き4200円と定め、対象となる期間(日数)に掛け算を成して算出します。事故が原因で怪我をした部位や怪我の重さによって、計算手段や入通院の期間を変更する事もあります。民間保険に関しても、自賠責保険に準じている事が多いです。




今後改善する可能性が少ないという医者の判断を表現固定と言うルールになっています。


症状固定後は通院に関する費用は補償が実行されなくなりますが、後遺症として違和や痛みがあるケースでは「後遺障害等級認定」の申請を成して、そこで「等級認定」が得られた際には、後遺障害慰謝料を払ってもらう事が可能という流れになります。


被害者は自分の保険企業には頼り辛いのが現実です。



ですが、他に頼れるものがありまして、自分の加入している保険企業の契約に「弁護士特約」が有れば、保険会社が弁護士料金の負担をしてくれます(一部)。


加害者に請求できる場合もあります。


運転手は常に周りに配慮しなければなりません。一時停止やスペースに余裕のない交差点では速度を落とすなどの安全運転を行わないと事故が起きた際に深く後悔するのはドライバー自身ですから、日頃の留意こそ事故を防止するポイントです。